top-20140916-ojilobby.png
main_news.jpg

2017年06月16日

6月16日の十朋亭

伝杉私塾の方は、足場が組まれていました。

DSCF2739.jpg

DSCF2731.jpg

今は重点的に床下や柱など、建物の骨格部と礎の作業が、行われています。

DSCF2733.jpg

その南側にある、コンクリート製の蔵も、塗り直されています。

DSCF2734.jpg

そしてその敷地を仕切る塀は、コンクリート製に。
ブロックを積み上げていないので、地震にも強そうです。

DSCF2736.jpg

十朋亭と杉私塾をつなぐ垣根部分の修復も行われていました。

DSCF2735.jpg

展示館は、1階、2階とも壁ができています。
断熱材が入っているのでしょう。

DSCF2742.jpg

その断熱材部分を覆うための木毛セメント板を、手前の作業員の方が用意されています。
外壁として、張っていくのです。

DSCF2744.jpg

展示館(鉄筋)は、1階部分と2階部分に横木が張り巡らされています。
完成図を見れば瞭然なのですが、1階部分には木の板を、2階の上部には格子状のタイルを張り付けるためのものです。

E58D81E69C8BE4BAADE591A8E8BEBAE6B4BBE794A8E4BA8BE6A5ADE695B4E58299E382A4E383A1E383BCE382B8EFBC88E7ABAAE5B08FE8B7AFE581B4EFBC89_xlsx.jpg

完成図と比較したら、工程もわかりやすいですね。
posted by 大路ロビー at 00:00 | 十朋亭進捗状況

2017年06月14日

お殿さまのうめぼしづくり 全予定

今週の漬け込みから、10月の試食会までの予定が確定しましたので、アップします。
参加の受付は締め切りましたので、ご興味のある方は、ブログをチェックしてね!

質問は info@ojilobby.jp
もしくは tel.083-922-9220まで
お問い合わせください。


史跡大内氏館跡池泉庭園×歴食

お殿さまのうめぼしづくりの予定

場所:大殿地域交流センター

第1回目

6月10日() 10:00-11:30

オリエンテーション&講演会

11:30-12:00…梅もぎ)

漬け込み

6月15日() 10:00-12:00

2種類のレシピで漬ける。

エプロン, 三角巾持参

紫蘇入れ

6月28日()  9:00-10:00

紫蘇を発色させ梅と合わせる。

エプロン, 三角巾持参

第2回目

7月29日() 10:00-11:30

土用干し&歴食ミニレクチャー

第3回目

1022日(日)14:00-16:00

試食会&歴食ミニレクチャー

500円ていどの実費が必要)



posted by 大路ロビー at 14:53 | お殿さまのうめぼしづくり

2017年06月10日

いよいよ始まる『お殿さまのうめぼしづくり』

大変ご好評をいただき、参加人数が30名様に達しましたので、
ご応募を締め切らせて頂きます。何卒ご容赦ください。(2017年6月2日17時)



大内氏館跡 池泉庭園と歴食をコラボさせる『お殿さまのうめぼしづくり』の企画が、いよいよスタートします。
わくわく楽しい体験をしながら、お庭のこと、大内文化が学べちゃいます!!

umeboshi_A4(小).jpg



【歴食体験講座 全3回】
 場所:大殿地域交流センター

第一回:オリエンテーション&講演会
6月10日(土)10:00-11:30
・うめぼしづくりの流れの説明
・講演 『大内氏館跡庭園の発掘と整備』
 講師 多々良美春 椛ス々良造園取締役/山口県文化財保護審議会委員(名勝)

第二回:土用干し&歴食ミニレクチャー
7月29日ごろの晴れた日(予定)10:00-11:30
・土用干し実施
・歴食ミニレクチャー『古文書からみる梅』

第三回:試食会&歴食ミニレクチャー
10月22日(日)14:00-16:00
・梅干し、いり酒、梅酢の試食、それらを使った料理の試食
(一部実演あり)

募集要項
・参加対象 高校生以上
・参加人数 30人
・応募締切 6月5日 (先着順)

電話または、メールで氏名・住所・電話番号・参加人数を明記し下記までご連絡ください。

応募先&問い合わせ先
大路ロビー 山口市大殿大路133‐1
083-920-9220
info@ojilobby.jp

皆さんの参加をお待ちしております!!
※応募を締め切りました。6月2日(金)17:00
posted by 大路ロビー at 10:42 | お殿さまのうめぼしづくり

2017年06月08日

梅シロップを作ろう(2)

18987651_10213074619450937_2007832885_o.jpg

昨日、きれいに洗って拭いたあと、ヘタを取って、串でグザリグサリとさしました。
(こうするとエキスが良くでるらしい)
梅は、冷凍庫に入れて20時間。
キンキンに凍っています。

それを砂糖と交互に入れて、時々天地を返して、完全に溶かしてしまいます。
(砂糖が違う種類なのは、特に意味はありません)

19073926_10213074619130929_2004025936_n.jpg

10日以上おけば、でき上りです。

待てば美味しくなる〜♪
楽しておいしいっていいですよね。

19021943_10213074619050927_1602901597_n.jpg

途中、発酵しないように、酢を入れてもいいみたい。
様子をみつつ、ちょっとだけ入れてみようかなぁ。

10日後が楽しみです。
posted by 大路ロビー at 18:04 | お殿さまのうめぼしづくり

『池泉庭園の梅からパン』構想

大路ロビーのスタッフの1人、粉川は山口市の地域おこし協力隊をやっております。
私の同僚と、先日、山口大学工学部赤田倫治教授のもとへ訪れました。
実は同僚の取り組んでいる事業に、酵母培養が必要になっており、培養地へのサンプル持参の日でした。

0000000.jpg
写真は赤田先生と同僚の原田さん

そこで、私も池泉庭園で熟れていた梅を持ち込み、
グルコース2%と10%の培地に、梅を揉んだ滅菌水を入れて、それを塗る作業をしたのでした。

000oji.jpg

酵母が採れる保障はないそうです。
私たちの梅に酵母がいますように!!
結果は4,5日後ですよ〜。

001oji.jpg

酵母が培養できたら、それでパンを焼きたいなぁ。
posted by 大路ロビー at 00:00 | お殿さまのうめぼしづくり