main_news.jpg

2018年01月25日

1月25日の十朋亭

本日は、館内を見学させて頂きました!!
そして外観の覆いが取れて、門の姿が見えていて素敵になっております。

まずは外観の様子からご覧ください。

DSCF3299.jpg

町屋の門と壁が、映えます。
現地を案内してくださった監督さんが、門を建てるのに苦労しました、とおっしゃっていました。
というのも、門扉は展示館および他の建物がすべて建て終わった後に作業をするため、
道具や機材を置くスペースがほとんどなく(展示館と竪小路の道までのわずか)、
資材の搬入もその都度行わなければなりません。

DSCF3298.jpg

建物は奥から建設していくもの…と言われて、納得しました。

それでは展示館の中の様子を見てみましょう。

DSCF3291.jpg

展示館の内部ですが、まだ機材は置いているものの、床も天井もすっかりできあがっています。
展示場所には、ガラスが張っているもよう。
ここで幕末の貴重な資料を見ることができるのですね。
(展示物は非常に精巧なレプリカと聞いています)

DSCF3293.jpg

おちついた廊下を歩いていくと、

DSCF3294.jpg

右手に玄関が現れました。(私が入ったのは勝手口の方です)
玄関の向い側には受付があり、その奥には待合や休憩ができるスペースがありました。

DSCF3295.jpg

そのゆったりした部屋の窓からは、十朋亭と杉私塾を望むことができます。

DSCF3296.jpg

雪がまだ残って寒そうですね。
今、見えているコンクリートの通路は『洗い出し』の技法で加工されます。

本日は展示館の状況が分かり、非常に有意義な訪問でした。


そうそう、母屋と鉄筋の蔵の間(杉私塾の裏)にも、変化がありましたよ。

DSCF3290.jpg

竹垣が完成していました!
基礎はコンクリートで設けられているので、非常に堅固です。

毎週ごとに、着々と出来上がる様子が目の当たりにでき、興味深いです!
posted by 大路ロビー at 16:18 | 十朋亭進捗状況

2018年01月18日

1月18日の十朋亭

こんにちは。先週の寒波が過ぎ去って、今週は過ごしやすい日が続いています。
竪小路側の展示館の入口付近、門柱のしっくいを塗る作業が続いています。


DSCF3285.JPG

DSCF3279.jpg

立派な門ですね〜。

DSCF3278.jpg

こんな風に作業がすすめられています。

DSCF3282.jpg

一方、十朋亭ですが、明かり窓が素敵です。
しっくいの壁の白さが印象的。

DSCF3281.jpg

十朋亭の横に、井戸のようなものが出来ています。

DSCF3280.jpg

展示館と十朋亭との距離はこんな感じです。

DSCF3284.jpg

こちらは前回、ご紹介した十朋亭の隣のコンクリート蔵と母屋の部分。
竹垣を作るための土台が、がっちりとコンクリートで固められていますね。
垣根の枠(サッシ)も取り付けられていて。

DSCF3286.jpg

大殿大路沿いの小さな入口。
木造の門柱の塗装をしていました。
着色と防虫、プロテクトが可能な、優れた塗料を塗っています。


DSCF3276.jpg

そしてこちらが、萬代家の母屋です。

DSCF3277.jpg

最後に、大殿大路から展示館を見た写真。
嘉藤商店のお隣のお宅が、更地になったばかりで、展示館の裏面がよく分かります。

十朋亭の見学もあります。
(今年10月まで一般公開はされません)
残席、わずかとなっておりますので、興味のある方は、予約をしてくださいね!

posted by 大路ロビー at 15:35 | 十朋亭進捗状況

2018年01月11日

1月11日の十朋亭

こんにちは、今年はじめての十朋亭のレポートとなります!
今年もよろしくお願い致します。

DSCF3266.jpg

昨日から寒波がやってきて、雪降る山口市。
半端ない寒さですが、現場は作業が進んでいます。

DSCF3265.jpg

竪小路沿いから見た様子。
門柱を製作中です。

DSCF3267.jpg

通り沿いのフェンス越しの様子

DSCF3261.jpg

施設内から通り側を見た様子

DSCF3264.jpg

展示館から、十朋亭を見るとこのようになっています。
隣の建物との境目にはフェンス?のような枠が設けられました。


DSCF3263.jpg

十朋亭の脇から杉私塾を眺めます。
左にあるの白い塀の奥にある木材の塀には、竹の飾りが取り付けられていました。

DSCF3259.jpg

一方、こちらは萬代家母屋側の鉄筋の蔵の前です。
たくさんの穴が開けられ、鉄筋がめぐらされているのですが、
ここは竹垣を作る基礎になるそうです。

DSCF3257.jpg

手前の石造りの枠は、前回ご紹介した井戸です。

こんな感じで、年明けもコツコツと作業は続けられてます。
雪の降るなか、本当にご苦労様です!!

2月11日(日)10時〜12時
十朋亭をはじめ竪小路界隈の古い家屋を『一級建築士と歩く』企画を行います。
まだ空きが多少あるので、ぜひお申込み下さい。

posted by 大路ロビー at 11:49 | 十朋亭進捗状況

2018年01月04日

【終了しました】一級建築士と歩く〜明治維新から150年の”やまぐち”〜

【終了しました】一級建築士と歩く〜明治維新から150年の”やまぐち”〜

萩往還が通り、志士たちが駆け抜けた、歴史ある「やまぐちの町」を巡ります。
町屋の風情や、立派な梁のある商家。現役の商家から、リノベーション物件まで。
建築士と歩くからこそ見えてくる魅力がたっぷり。

【見学予定地】
史跡十朋亭(今年秋に公開予定の十朋亭をひとあし早く)
岡藤呉服店、杉山畳店、旧嘉藤商店
リノベーション工事中のあの古民家も、現在交渉中!!


■一級建築士と歩く〜明治維新から150年の“やまぐち”〜

日時 平成30年2月11日(日)10時〜12時
講師 沼田登氏 AKI建築設計事務所 一級建築士
定員 25名様(要予約・先着順
会費 無料
申し込み 電話 083-920-9220
              FAX 083-920-9221
              メール  info@ojilobby.jp
     お名前、ご連絡先を、大路ロビーまで、ご連絡ください。        
その他 雨天決行 

イメージ
イメージ1.JPGイメージ2.jpg



posted by 大路ロビー at 14:59 | 企画情報

お殿さまのうめぼしづくり展 (1月6日〜31日)


お殿さまのうめぼしづくり講座報告展
史跡大内氏館跡池泉庭園で収穫した梅で梅干しを作りました。
大内氏の歴史に思いを馳せて、研究に取り組んだ成果の
パネル展示です。

●池泉庭園にが植えられていた理由
干しができるまで(実物の展示)
●万能調味料”いり酒”を使った大内料理の再現

★煎り酒レシピ ご希望の方に差し上げます

20180104-1.JPG

20180104-2.JPG

期間 平成30年1月6日〜31日
   火曜日定休 10時〜17時
場所 大路ロビー 
入場 無料



posted by 大路ロビー at 14:50 | 企画情報