top-20140916-ojilobby.png
main_news.jpg

2017年08月03日

夏期休暇のお知らせ

平成29年の夏季休業は以下のとおりです。

8月13日(日)〜15日(火)
大路ロビーはお休みです。


ご不便をお掛けいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


posted by 大路ロビー at 17:37 | 休館日

2017年08月02日

先日の土用干し報告会

梅雨が明けたというのに、大気が不安定でにわか雨や雷が多い山口市。
宇部では雨が降ってないのに、山口はスコールだった・・・という日もありました。

DSCF2937.JPG

そんななか、予定通り6月29日に土用干しを決行しました。

007.JPG

今日の手順は…
@塩漬けした梅をザルに上げ、水分を切る
A紫蘇はよく絞っておく
Bヨシズの上に梅を干し、紫蘇もなるべく広げながら干す
C雨を気をつけて、3日3晩干す。途中、ひっくり返す
 梅酢も容器ごと、日に当てる
Dガラス瓶などにそのまま保存する

002.JPG

004.JPG

003.JPG

AとBの梅の水分を切っているときに、梅干づくりのふりかえりと『古文書からみる梅』のレクチャーを行いました。
ふりかえりの時、配布資料に梅もぎの内容も掲載し、
池泉庭園の梅であることを再確認しました。

005.JPG

平安時代から江戸時代まで、梅干がどういう風に食卓に上っていたかやその効能、また商品としての価値などの紹介が、古文書の紐を解きながら解説されました。

006.JPG

江戸時代の書物には
庭の観賞用の梅と、食用の粒の大きな梅の実がなる梅を、使い分けたほうがよい、とアドバイスがなされており、興味深かったです。
皆さん興味津々で、うなずきながら聞き入ってくれました。

そもそも土用干しの効用ですが、梅の実離れを良くするために行うそうです。
土用干しをする前の梅は、表皮(薄皮)がはがれやすく、種と果肉の身離れが悪いのですが、土用干しをすると表皮と果肉が一体になり、種からはがれやすくなります。

0071.JPG

紫蘇も広げて干しましょう


008.JPG

これから3日間、大殿地域交流センターのベランダで干されます。
おいしくなーれー!!

048.JPG
上)塩分30%の梅は色がとってもキレイ
下)塩分18%です。潰れた梅も干します

049.JPG

050.JPG

大殿地域交流センター2Fのベランダの風景。
こんな感じで干しています。

051.JPG

追記:3日後に取り出した梅。
ちょっと塩をふいたようになっていますね。
少し小さくなったような。

huieg.jpg

清潔なタッパーに入れて10月22日の試食会まで、保存されます。
posted by 大路ロビー at 13:30 | お殿さまのうめぼしづくり

2017年07月31日

高嶺城に登ってきましたA【祝 続日本100名城認定】


7主郭への分かれ.JPG
広く平坦な森の中を通り抜けると、上に上がっていく段と右奥に続く道が分かれています。
上は、最頂部郭(砦)跡。

右へ行くと、草むらの中に井戸。
ポンプ付きですが、水は出ませんでした。
井戸の底は水が溜まっているのが見えました。
8井戸.JPG


井戸周辺は、最頂部の真下。
石垣が残る一帯です。

大きな石がゴロゴロあるのは、
上の段の石垣が壊された為だそうです。
9石垣.JPG

苔むした石垣。
10石垣.JPG

石垣の端は大部分が壊されていましたが、ここは、比較的キレイに残っていました。
何積みというんでしょうね。
11石垣.JPG


分かれ道まで戻り、登ると、最頂部。
建物の礎石らしい石がたくさんありました。
展望はさほどでも。
山口の町(大殿方面)が所々見えます。
12主郭.JPG

ここまで、テレビ中継所の辺りから、およそ20分。
降りるのは、10分くらいでした。


落ち葉が多く、滑りやすいので注意。
テレビ中継所〜山頂には、トイレはありません。



posted by 大路ロビー at 19:33 | 日記

高嶺城に登ってきました!@【祝 続100名城】

平成29年の城の日に「続日本100名城」認定を受けた大内氏館&高嶺城!
大内氏館跡は、大路ロビ―のすぐ近くという事もあり、よく知っているのですが、
高嶺城には、まだ上ったことがなく、お誘いを頂いて登ってきました。

スタートは、山口鴻ノ峰テレビFM中継所。ここまでは普通自動車で登る事ができました。
数台なら駐車可能です。
白い建物が、テレビの中継所(中には入れません)
建物の後に文科省の標柱がありましたので、周辺はもう史跡です。
1テレビ中継塔.JPG


まずは、東側へ。
すぐの所に、案内看板と石碑が建っていました。
2東斜面.JPG
段々畑のようになっています。
降りていくと、山口大神宮に通じているようです。
3東斜面.JPG



中継所の所から上に上がっていくと、東屋がありました。
見晴らしはいまいち。
木がなくなると、良く見えると思うのですが
4東屋付近.JPG


もう少し上ると、平坦な場所に出ました。
木々に囲まれており、足元には瓦のかけらがたくさん落ちています。
5広い所.JPG


平たいのはすべて割れた瓦です。
ものすごくたくさん落ちていました。拾ってはダメだそうで残念。
6瓦-2.JPG


さらに進むと、上に上がっていく道と、右奥に進む道に分かれます。
7主郭への分かれ.JPG


次回は、いよいよ城跡の核心部に迫ります〜
posted by 大路ロビー at 15:05 | 日記

2017年07月26日

7月26日の十朋亭

しばらくぶりです。
十朋亭の進捗をご報告いたします。
萬代家の母屋は、こんな感じ。
001.JPG

一階部の柱や床下が替えられています。
一方、こちらは伝杉私塾内。

003.JPG

004.JPG

もう床がない状態で、建物の外観だけ。
柱も替えられたています。
杉私塾の外観。

005.JPG

一方、こちらは展示館です。

006.JPG

内部もできつつありますね。

007.JPG

廊下の柱もついています。

008.JPG


外観はモルタルを塗る作業が行われるそう。
毎日暑い日が続くので、どうぞ熱射病にお気をつけて作業してくださいね。
posted by 大路ロビー at 00:00 | 十朋亭進捗状況