2017年11月01日

10月30日の十朋亭

十朋亭の壁には丸型の穴が空いているのをご存知でしょうか?
まだ竹の格子が入っておりませんが、往時はここから遠くの山が借景で見渡せたとか。
風情がありますね。

DSCF3124.JPG

本日のハイライトは、やはり資料館側の地面ですね。
こんな感じで掘り返されていて、この後固められて舗装されます。

DSCF3127.JPG

また杉私塾の方もだいぶ内部が整ってきました。

DSCF3120.JPG

ご参考までに下記は7日前の様子です。

DSCF3106.JPG

冬が来る前に、おおよそが完成するのではないでしょうか。
posted by 大路ロビー at 16:31 | 十朋亭進捗状況

2017年10月26日

10月23日の十朋亭

秋の空。
台風も過ぎ去って、やっと晴続きの天気が戻ってきました。
杉私塾、すっかり外観は完成しています。

DSCF3110.JPG


DSCF3109.JPG

内側の工事が進められている様子。
大殿大路側の入り口に回りますと・・・真新しい引き戸が設置されていました。

DSCF3105.JPG

そこから中味をチラリと覗いたりして。

DSCF3106.JPG


一方、杉私塾と十朋亭を蔵からアプローチしています。
蔵も外観は完成でしょうか?
真っ白な外観がまぶしいですね。

DSCF3104.JPG

蔵から十朋亭に抜ける部分もすっかり完成です。

DSCF3108.JPG

そして資料館側は、外部分で隣と接する塀の整備が進められています。

DSCF3116.JPG

見てください、左官屋さんが立っている所よりもさらに深部に基礎が掘られています。

DSCF3111.JPG

十朋亭側から見るとこんな感じ。

DSCF3112.JPG

資料館の入り口前のスロープですね。
今後は地面の地ならしや整地になるのでしょうか。
完成が楽しみです。
posted by 大路ロビー at 00:00 | 十朋亭進捗状況

2017年10月05日

10月4日の十朋亭

《 お知らせ 》
アートふる山口の開催する10月8日は、定員制で十朋亭の内覧ができます!!

【十朋亭見学会】
日時 10月8日(日)
   @11時〜 A13時30分〜 B14時30分〜
定員 各回15名 先着順 
   ヘルメット着用で、見学を行います。ヘルメットはこちらでご用意します。
   ★十朋亭について、簡単な説明もいたします。


*************

さて、資料館の足場が取れて10日あまり。
今は内部の工事がすすんでいます。

DSCF3080.jpg

DSCF3079.jpg

DSCF3083.jpg

外見はすっかりと仕上がってきていますね!!

DSCF3084.jpg

一方の杉私塾の方ですが、こちらも外観はきれいになっています。

DSCF3074.jpg

大殿大路からの入口は、こんな感じです。

DSCF3075.jpg

DSCF3076.jpg

内部の工事が、こちらも急ピッチですすめられていました。
こちらは、蔵から見た十朋亭部分。
木目の塀もできあがりました。

DSCF3077.jpg

さいごに、大殿大路の道からみた資料館です。

手前に覆いがかかっているのが、吉田としまろの石碑ですね。
除幕式よりひとあし早く、10月8日にプレオープンとの情報です。

DSCF3085.jpg
posted by 大路ロビー at 10:51 | 十朋亭進捗状況

2017年09月25日

9月24日の十朋亭

本日は気持ちのいい秋晴れでした。

DSCF3064.jpg

十朋亭の工事、着々と進んでおります。
一番の注目は、竪小路沿いの資料館の足場が取れたこと。
9月10日すぎに取れたそうです。

DSCF3065.jpg

すでに銅製の雨どいの色がピカピカから渋く変わってきています。

DSCF3063.jpg

資料館は外壁はほぼ終了。

DSCF3062.jpg

今は中身に注力をしています。

DSCF3053.jpg

また着々と杉私塾の方も工事がすすんでいます。
もう外観は、完成同然のようでした。中はこんな感じです。

DSCF3054.jpg

DSCF3055.jpg

外はこんな感じ。

DSCF3060.jpg

また杉私塾と十朋亭を結ぶ垣根も、一新されており、内側には土壁が塗られていました。

DSCF3056.jpg

DSCF3059.jpg

離れの蔵は、数日前に足場がとれたばかりといいます。

DSCF3057.jpg

急ピッチで作業がすすめられています。
完成が楽しみですねー!
posted by 大路ロビー at 11:12 | 十朋亭進捗状況

2017年09月14日

9月10日の十朋亭

今日は、杉塾の内部を撮影しました。

DSCF3031.jpg

床も壁もぜんぶはがして、柱だけになっていた杉私塾内が、だんだん家らしくなってきています。

DSCF3034.jpg

外部からみた杉私塾も、だんだん出来上がってきているようす。
そしてこちらは資料館です。

DSCF3036.jpg

資料館の内部です。
ここに展示物がおかれる場所ですね。

DSCF3032.jpg

外部ももう完成までわずかです。

DSCF3039.jpg

だんだん完成に向かってすすんでいっていますね。

posted by 大路ロビー at 17:22 | 十朋亭進捗状況

8月23日の十朋亭

お盆もあけて、だいぶ作業も進んできました。

DSCF3005.jpg

十朋亭のほうはほぼ完成していますが、

DSCF3001.jpg

杉私塾の改築が急ピッチにすすめられています。

DSCF3003.jpg

こんな感じで中の様子はほぼ見えない感じ。

一方、こちらは展示館です。

DSCF3006.jpg

DSCF3007.jpg

DSCF3009.jpg

DSCF3011.jpg

 こちらは道路側の様子

DSCF3014.jpg

モルタルが塗られて、美しい白です。

DSCF3015.jpg

足場がなくなる日を心待ちにするのでした。
posted by 大路ロビー at 17:12 | 十朋亭進捗状況

2017年07月26日

7月26日の十朋亭

しばらくぶりです。
十朋亭の進捗をご報告いたします。
萬代家の母屋は、こんな感じ。
001.JPG

一階部の柱や床下が替えられています。
一方、こちらは伝杉私塾内。

003.JPG

004.JPG

もう床がない状態で、建物の外観だけ。
柱も替えられたています。
杉私塾の外観。

005.JPG

一方、こちらは展示館です。

006.JPG

内部もできつつありますね。

007.JPG

廊下の柱もついています。

008.JPG


外観はモルタルを塗る作業が行われるそう。
毎日暑い日が続くので、どうぞ熱射病にお気をつけて作業してくださいね。
posted by 大路ロビー at 00:00 | 十朋亭進捗状況

2017年07月10日

7月10日の十朋亭

雨が続きます。
6月にあまり降らなかったので、空梅雨かと思いきや、とんでもない日々。
でも昨日の午後から今日は終日、梅雨の小休止。

萬代家の母屋では、床下の基礎部分を強化していました。

DSCF2856.jpg


杉私塾の作業も着々と進んでいます。
雨が降ると作業が止まるので、今日は貴重な日だったことでしょう。


DSCF2858.jpg

展示館の方も、館内の作業が主になってきています。
外壁を塗るのは、梅雨明けになるでしょうか。


DSCF2860.jpg


一方、展示館の本館部分は、漆喰を塗る準備のため、足場を組んでいました。

DSCF2861.jpg

来週末には漆喰壁が出来上がっていればいいなぁ。
しかしすべてはお天気次第ですねー。

DSCF2862.jpg

posted by 大路ロビー at 14:24 | 十朋亭進捗状況

2017年07月03日

7月3日の十朋亭

今日は杉私塾を囲む壁の一部に変化がありました。
こちらの壁の横に建つ小さなスペース。
屋根を貼る作業が進められています。

000.JPG

こっちの角度だと分かりやすいですね。屋根の上に登って、板を打ちつけているのが分かりますか?

001.JPG

一方、展示館は内装工事が進んでいます。

004.JPG


玄関も着々と出来上がっていますね。

003.JPG

竪小路から見た展示館。
一見、全回と代わりばしないようですが、モルタルが3度塗りされているので、
あとは漆喰を3層塗りするまでとなっています。


005.JPG


ここ数週間は、梅雨で雨の日も多いですが、
うまく進捗しながら進めてい聞けますように。
posted by 大路ロビー at 16:21 | 十朋亭進捗状況

2017年06月26日

6月25日の十朋亭

杉私塾、いよいよ腐っていた柱が取り除かれ、新しい柱が着け変わりました。

DSCF2815.jpg

ジャッキはすべて外され、きれいで堅固な柱が据えられています。
頼もしい!

DSCF2819.jpg

屋根をビニールシートで覆っています。
作業に当たっている方は、中の足場を使って、2階部分の修復を行っています。

杉私塾の裏手。

DSCF2817.jpg

そしてその隣のコンクリートの蔵は、すっかり塗り替えられ、美しくなっていました。
足場が取れるのが楽しみです。

DSCF2818.jpg

かたやこちらは、展示館のほう。
見てください、窓枠や入口の枠など、だんだんできてきています!

DSCF2811.jpg

DSCF2822.jpg

前回に引き続き、木毛セメント板(もくもうせめんとばん)を細かく切っている職人さんが…。


DSCF2821.jpg

「天井のためのセメント板を切っています」とのこと。
「雨の日は室内の作業しかできなかった。久しぶりに雨が上がったので、やっと取り掛かれる」と言ってました。
なるほどー、やはり屋外の作業は天候次第ですね。
現場は、進行スケジュールと天気予報をにらめっこなのでしょう。

DSCF2825.jpg

展示館の鉄筋コンクリート造りの方は、タイル部分が完成。
この後、つなぎ目に残った汚れを取り、ペンキを吹き付けていきます。

一方、足場で隠れている部分の漆喰は、モルタルを3度塗り(そのたびに引っかいたり網をはったりする)、
漆喰を3度塗りするそう。

かなーりきちんと作られています。

作業員の方が、
ここは天井も高いし、作り方も丁寧で、地震にも強い。
100年以上は耐久性があるのでは
とおっしゃっていました。

幕末の生き証人の十朋亭とその展示館が、100年後も変わらずこの場にあり、
全国から人が訪れ続ける
…考えただけでも、胸が高鳴りますね。
posted by 大路ロビー at 12:33 | 十朋亭進捗状況