2018年02月15日

【報告】一級建築士と歩く〜明治維新から150年の”やまぐち”A


2月11日の講座「一級建築士と歩く〜明治維新から150年の”やまぐち”〜」
最後の見学地は、まだ整備中で休館している十朋亭です。(2018/2/11現在)

023.JPG


021.JPG

初めに大路ロビーのスタッフが、十朋亭全般の説明をし、
その後、沼田先生が建物の説明。

025.JPG


洗い出しの小さい石の間に埋められている石は、こちらで実際に使っていたものです。
柱の根本に使われている石も、もともとあったものを研磨したようすね。


022.JPG

室内は、まだ畳が敷かれていませんが、掃除も終えて、見違えっていました。


027.JPG


十朋亭の庭にある手水鉢の模様にも注目。


024.JPG


一方、こちらは土間部分です。
見学者の方々は熱心に見学をされていました。

杉私塾の中は養生中とのことで、まだ見ることができませんでした。


030.JPG

こちらは萬代家の母屋です。
見学者の多くは、萬代家の母屋についても興味をもってらっしゃいました。
今後、どうやって活用していくのか楽しみですね。

講座のレポートはこれで終了です。

最期にご協力いただきました 岡藤呉服店様、杉山畳店様に
厚く御礼申し上げます。

posted by 大路ロビー at 16:47 | 活動レポート

【報告】一級建築士と歩く〜明治維新から150年の”やまぐち”〜@

2月11日(日)一級建築士と歩く〜明治維新から150年の”やまぐち”〜と題して、
一級建築士の沼田登氏(AKI建築設計事務所)をお招きいたしました。
雪まじりの雨の中、20名の参加者の皆さんと町歩きを行いました。

001.JPG

まずは大路ロビーで町家についての基本レクチャーを実施。
町家とは…店と住居が同じ建物です。
今回見学する大殿エリアのものは明治〜昭和初期に建設されたもの。

002.JPG

まずは大路ロビーとその向かいの町家を見ながら、説明を始めます。
格子もいろいろな種類や間隔の違いがあるんですよ。


003.JPG

2階は古い物は『厨子(つし)』、新しいものは2階部屋となっています。
a.p.rさんやナナイロネイロさんは、厨子ですね。


大殿エリアは平入ファサード(棟と並行の側面に入口をとる。⇔妻入ファサード)がほとんどです。

013.JPG

大殿大路と竪小路が交差する角の店『嘉藤商店』さん。
雑貨文具とあしらわれた文字がレトロで素敵。
街角をデザインする漆喰壁と看板が魅力的です。(昭和6年)

005.JPG

一行は岡藤呉服店に到着しました。
明治中期の建物と推測されます。
地域の人は江戸屋敷と呼んでいたそうです。
持ち主の片岡さんの名が片岡小路の由来になっています。
お店に入る前に、向かいの和菓子屋『菊寿堂福信』さんのワンポイントレクチャーも忘れません。

006.JPG

岡藤呉服店の1階部分です。

008.JPG

そして2階部分。
梁が立派です。
現在では、こんな梁にできるくらいの木材を見つけるには不可能かも。

009.JPG
美しい格子窓。
格子の内側から外を見るのも乙なものです。
このような長さと配列を持つ講師を吹寄親子格子と呼びます。
部屋の使い方によって格子の形も異なるのだそうです。

010.JPG

家は、竪小路に沿って平行に作られています。
なので土地に対して平行とは限らず、こんな風に板間が平行じゃない場合もあります。

011.JPG

ご覧ください。
この美しい梁の組み方。
溜息をつくぐらいかっこいいです。

012.JPG


釘隠しもお洒落です。
直線的な日本家屋に、アクセントのように丸みを帯びた鋳鉄の釘隠しが。

016.JPG

次は、竪小路を上がって、杉山畳店に向かいます。
こちらは大正期の建物と推測されます。
壁に漆喰で作られた海鼠(なまこ)模様が素敵なのですが、
阿知須などで多いこの模様が内陸の大殿でも見れるのが興味深いと、解説されていました。

017.JPG


店内は長くて細い。
地面からしんしんと冷えます。

018.JPG

梁の柱が太いです。

018-01.JPG

特別に家の中を縦断させて頂きました。
通り土間を抜けて到達した場所が…

019.JPG

なんと大内氏館跡の西門のまん前でした。
このサプライズに参加者はおおいに湧きました。

さて、いよいよ十朋亭の見学に参りましょう。
報告Aへつづく

posted by 大路ロビー at 15:46 | 活動レポート

2017年12月07日

あかりさんぽ "ヒンメリのワークショップ"初日終了!

本日、ヒンメリのワークショップが開催されました。
参加者の皆様さま、和気あいあいと取り組まれていて、手を動かしながら
楽しい交流のひとときになりました。

今回のヒンメリをマスターすれば、家に帰ってもストローなどで作ることもできますよ!
まだ残席ある日にちもありますので、ぜひ参加してみてください。

DSCF3207.jpg

大殿あかりさんぽ2017〜ヒンメリと町家のクリスマス〜

■町家イルミネーション
11月26日〜12月25日 17時〜21時
師走の山口をクリスマスイルミネーションで飾ります。
会場 山口市大殿大路周辺

■ヒンメリワークショップ
@初心者向け 簡単なモチーフ(四角、ダイヤ型、しずく型など)を作ります。
       約1時間 参加料300円(おひとり)
A中級者向け 星形やモチーフをつなげて一体化したものを作ります。
       約2時間 参加料500円(おひとり)
講師 奥山早紀先生(うずまきLife Art)
申込 先着順 予約制 
問申 大路ロビー 電話 083-920-9220  メール info@ojilobby.jp

【日程】予約要
12月16日 (土) 11時〜 初心者向け ★満席になりました。
12月16日 (土) 13時〜 中級者向け あと1名様
12月21日 (木) 11時〜 初心者向け 4名様
12月21日 (木) 13時〜 中級者向け ★満席になりました。

予約状況は、12/7現在です。
posted by 大路ロビー at 17:10 | 活動レポート

2017年10月30日

お殿さまのうめぼしづくり 10月22日試食会&歴食ミニレクチャー報告

今回は6月の梅もぎ・塩漬けを経て、でき上った梅干しの試食と、大内氏と梅干しのミニレクチャーを行いました。
まずは、大内氏が梅を食べていたか?の考察です。
以下、3つの理由で食べていたと結論づけています。


【大内氏と梅の関係】
大内氏が梅の実を食していたと考えられる理由が3つ

1)築山跡の隣の野田学園構内(大内氏関連町並遺跡第73次調査)でみつかった室町時代のゴミ穴のなかで
食べかすとみられる魚骨・鳥骨などとともにウメの種核が出土し、ウメを食べていたとみられること。
数百枚もの土師器皿も一緒にみつかっていることから、通常の飲食ではなく、宴によって供されたとみられます。

2)大内氏の宴では刺身が多く食されていました。
当時は、刺身などの調味料には塩酢や煎酒(いりざけ)を使うことが一般的だったのですが、煎酒には梅干を用います。
そのことから、大内氏の献立記録にも梅を用いたであろうとの推測ができます。

3)鎌倉時代から室町時代にかけて、武家の宴では、椀飯(おうわん)※と呼ばれる形式の宴が開かれていました。
そこでは クラゲ・打ちアワビ・梅干・酢・塩などを用いるのが慣わしでした
『大内家掟書』によれば、大内氏も椀飯の宴を開いていることから、梅干を使用したであることが間接的にうかがい知れます。                            
※大盤振舞(おおばんぶるまい)の語源

なるほど、大内氏が梅干しや煎り酒を食していたのはほぼ確実ですね。
それではお待ちかね、煎り酒のデモを行いましょう。


0001.JPG

割烹 縄田の縄田氏による実演です。
【分量】
梅干し6つ
日本酒 カップ2 
鰹節2g

【作り方】
梅干しと日本酒を火にかけ、2−3割ほど煮詰めて火を止めてから鰹節を入れて濾す。

煎酒は淡白な白身魚のお刺身にあうので気軽に作ってみたいもの。

本日は、その味がわかるようにと、堀ちゃん豆腐の県産豆腐を角切りにして、試食。
シソあり18%、シソなし18%、シソあり30%、シソなし30%を豆腐で食べ比べました。
皆さんの評価は、意外や、シソあり30%が、調味料としてはバランスが良いことが判明。酸味もまろやかになり、シソの香りも相まって一番人気でした。

そして大内御膳で食されていた『出典【廿二献】あかほご煎物』より、煎り酒で煮たあかほご(赤かさご)の代用に、鯛を用いた鯛の煎物を試食しました。


0002.JPG

淡白な鯛に、若干の酸味の効いた煎り酒がよくあう煮つけでした。
これなら家でもやりたいなぁ。

次は、梅酢を用いた試食です。
まずは18%シソありと18%シソなしを、お豆腐につけていただきます。
シソありのほうが、香りがよく、またクリアな味わい。

次にのりからみの試食です。
こちらは大内御膳より、出典【十八献】紋甲イカは細造りにして、酒煎りして、季節の野菜(ホウレンソウ)は湯通しして包丁しておき、イカとのり、ホウレンソウを合わせ、水、梅酢、蜂蜜の合わせ酢で和えます。

梅酢の酸味があり、清涼感がありました。
もう少し水とハチミツを入れるとマイルドになりますね。

0003.JPG

最後は梅の天ぷらと梅干の試食でした。

梅の天ぷら (江戸時代のレシピ)
梅干は楊枝で全面突いて、湯で煮出して酸味を除きます。
ハチミツを湯でのばした中に梅を入れて、弱火で煮ふくめて蜜煮に。
密の甘味がつけば、これを小麦粉と水で溶いた薄衣をつけて、高温でカリッと揚げます。

梅干の4種類の試食を終えてすべてが終了となりました。

今回の梅干は18%と30%で作りましたが、多くの方が減塩梅干のリクエストがありました。
お殿さまのうめぼしづくりの企画は12月の展示をもって終了しますが、来年度も梅部として梅干づくりは継続していきたいと思います。

お楽しみに!!
posted by 大路ロビー at 16:57 | 活動レポート

2017年10月02日

お殿さまのうめぼしづくり『試食会&ミニレクチャー』開催場所の変更

お殿さまのうめぼしづくりに登録されている方へ


開催場所が変わりますので注意してください。


10月22日(日)14:00-16:00
山口ふるさと伝承総合センター たくみ館 2F 食品加工室...
山口市下立小路12番


問い合わせ:083-920-9220 (大路ロビー)


試食会&ミニレクチャーの内容


・梅干し、いり酒、梅酢の試食
・それらを使った小鉢の試食(大内氏の再現メニューも作りたい)
・いり酒のデモンストレーション

http://y-densho.sblo.jp/


umeboshi_A4(小).jpg


【伝承センターの地図】

伝承センターマップ.jpg
posted by 大路ロビー at 13:37 | 活動レポート

2017年08月02日

先日の土用干し報告会

梅雨が明けたというのに、大気が不安定でにわか雨や雷が多い山口市。
宇部では雨が降ってないのに、山口はスコールだった・・・という日もありました。

DSCF2937.JPG

そんななか、予定通り6月29日に土用干しを決行しました。

007.JPG

今日の手順は…
@塩漬けした梅をザルに上げ、水分を切る
A紫蘇はよく絞っておく
Bヨシズの上に梅を干し、紫蘇もなるべく広げながら干す
C雨を気をつけて、3日3晩干す。途中、ひっくり返す
 梅酢も容器ごと、日に当てる
Dガラス瓶などにそのまま保存する

002.JPG

004.JPG

003.JPG

AとBの梅の水分を切っているときに、梅干づくりのふりかえりと『古文書からみる梅』のレクチャーを行いました。
ふりかえりの時、配布資料に梅もぎの内容も掲載し、
池泉庭園の梅であることを再確認しました。

005.JPG

平安時代から江戸時代まで、梅干がどういう風に食卓に上っていたかやその効能、また商品としての価値などの紹介が、古文書の紐を解きながら解説されました。

006.JPG

江戸時代の書物には
庭の観賞用の梅と、食用の粒の大きな梅の実がなる梅を、使い分けたほうがよい、とアドバイスがなされており、興味深かったです。
皆さん興味津々で、うなずきながら聞き入ってくれました。

そもそも土用干しの効用ですが、梅の実離れを良くするために行うそうです。
土用干しをする前の梅は、表皮(薄皮)がはがれやすく、種と果肉の身離れが悪いのですが、土用干しをすると表皮と果肉が一体になり、種からはがれやすくなります。

0071.JPG

紫蘇も広げて干しましょう


008.JPG

これから3日間、大殿地域交流センターのベランダで干されます。
おいしくなーれー!!

048.JPG
上)塩分30%の梅は色がとってもキレイ
下)塩分18%です。潰れた梅も干します

049.JPG

050.JPG

大殿地域交流センター2Fのベランダの風景。
こんな感じで干しています。

051.JPG

追記:3日後に取り出した梅。
ちょっと塩をふいたようになっていますね。
少し小さくなったような。

huieg.jpg

清潔なタッパーに入れて10月22日の試食会まで、保存されます。
posted by 大路ロビー at 13:30 | 活動レポート

2017年07月03日

『お殿さまのうめぼしづくり』シソ入れ

6月28日(水)は、9時から、シソ入れ作業を行いました。

こちらの梅は6月初旬から塩に漬けていました。
いい塩梅に梅酢があがってきています。

DSCF2829.jpg

まずはシソの束からシソの葉だけをむしっていきます。
純粋に葉の部分だけ取っていきましょう。
茎が残ると舌ざわりが悪くなります。

DSC02170.jpg

本日の講師は村岡食料品店の村岡さんです。
もう何十年も梅干しを漬けてらっしゃるエキスパートです。

DSC02181.jpg

まずは、多めの塩を入れて、揉みこんでいきます。
塩の量は目分量。

DSC02185.jpg

思いっきり力を入れて揉みこむと、
黒い汁がでてきます。
これは灰汁なので、捨ててしまいましょう。

DSC02198.jpg

よく絞って、また塩を入れていきます。
参加者のみなさんも真剣に取り組んでます。

DSC02202.jpg

よく絞りましょう。

DSC02193.jpg

そしてバットに広げます。
解けきれていない塩がついていますが、大丈夫。

DSC02207.jpg

梅酢を入れたら、鮮やかな赤に発色しました。
(瓶やジップロックにあった梅酢を1つにまとめています)

DSC02209.jpg

発色させたシソは、ジップロックにいれていきます。

DSC02216.jpg

瓶の梅にも入れていきましょう。

DSC02218.jpg

シソと梅酢を戻します。
土用干しまで保存をするのですが、その間に梅に赤色が浸透していくのですね。

DSC02226.jpg

《 本日のおまけ 》

梅シロップを6月の初旬に作っていたので、
今日はワークショップに参加してくれた方に、
炭酸水で割って提供します。

DSC02228.jpg


さっぱりして甘い梅サイダーに、皆さん、喜んでおられました。
次回は、いよいよ『土用干し』。
7月29日(土)に予定していますが、

開催日から3日間は晴れていないといけないので、
開催10日前に、確定した日付をお知らせします。
posted by 大路ロビー at 13:01 | 活動レポート

2017年06月22日

梅の塩漬けワークショップ

6月15日(木)10:00-12:00
大殿交流センターにて、梅の塩漬けを行いました。

001br.JPG

この日の行程は
すべての梅を洗う
❷ツマヨウジでヘタを取ってキッチンペーパーで梅を拭く
❸梅を分ける : @2kg×2袋、A1kgと1.2kgを1袋ずつ、B残りを2等分する
❹2グループに分かれて漬け込み開始
  ◎梅干漬(江戸時代)1瓶=2kg
  ◎残りを『縄田家の梅干し』としてジップロックで1kgずつ仕込む
D番外編:梅ペーストなどを作りました。

追熟を数日行った梅は、熟しすぎないよう、あらかじめ冷蔵庫に入れて保管をしていました。
ワークショップを行う前に、この日来られた15人の参加者を『紅梅』『白梅』の2グループに分けました。

まずは、梅を洗います。
1グループで梅6sほどの分量なので、梅を洗いつつ、
ヘタを取り、チッキンペーパーで拭いていく作業を同時に行っていきます。

DSC0210hijort.JPG

素晴らしいチームワーク!
みんなでやると早い早い!!

分量に分けたあと、縄田先生のレクチャーを聞くため、集合します。

002lofd.JPG

縄田先生がまず見せてくれたのは、江戸時代の梅干漬
各グループ、瓶に漬けていきます。
この日は2kgの梅に、600gの塩をボールに入れ、まぶしていきます。


DSC02102.jpg

まぶす前に、ホワイトリカーで表面を濡らしておくと、塩がうまくつきます。
DSC02105.jpg

江戸時代後期 梅干漬

【材料】


梅…1斗(15kg

赤ジソ…梅の重さの10%ていど

塩…三升(4.5kg

*梅酢でショウガや花切りした大根を漬けても



梅はよく熟したものを一時(正味2時間)水に浸して洗う。

梅一斗に塩三升で漬ける。(まずは塩で漬け、梅酢が上がってきたら、梅が常に浸かる状態にしておく。)梅酢が上がるまで重石をしておきます。

DSC02111.jpg

先生の見本を見た後は、それぞれのテーブルに帰り、実践してみます。
次にいよいよ縄田家の梅干しです。

DSC02112.jpg

ポイントはホワイトリカー。
これを入れることで、梅酢も上がりやすいし、防腐剤の役割も果たします。
香も倍増するそうです。

DSC02114.jpg

ジップロック1枚につき1kgを漬けるので、
ボールに塩と砂糖を合わせて、リカーを入れ、
梅をまぶします。

DSC02116.jpg

そしてジップロックに入れます。

DSC02118.jpg

ゴムベラでボールに着いた塩の粒も、丁寧に袋に入れ込みます。

DSC02120.jpg

ジップロックの空気を抜いて、封をきっちりと閉めたらできあがり。
塩が解けるまで、1日3回ほど軽くもみます。
塩が解けたら、1日1回揺らして、梅酢が全体に被るようにします。

DSC02121.jpg

それでは皆さん、やってみましょう。

DSC02128.jpg

縄田先生、参加者の手際があまりにも鮮やかなので、
驚くことしきり。
家に助っ人に来てほしいくらい、と笑って言っていました。

作業が終わった後は、挨拶をして終了。
次回のシソ入れは、6月28日(水)9:00-10:00 大殿地域交流センターの調理室になります。



《おまけ》

傷がついた熟れた梅は、梅干しにできないので、ジャムにします。
まずたっぷりの湯で茹でて、

DSC02124.jpg

種を取ります。
そしてヘラでつぶします。

DSC02130.jpg

あとはこれに、砂糖を入れて、煮詰めたら完成。
(写真はないですが)

それをしている間に、参加者のみなさんが、梅の種を煮込んで『梅の実茶』を作ってくれました。


DSC02132.jpg

すっぱ〜い。
お湯で割ってちょうどいいくらい。
アルカリ飲料で、体にいいです。

そんな梅の実茶を飲みながら、しばし話に花を咲かせました。

たくさんしゃべって、手もチャキチャキ動かして。

 
DSC02135.jpg

梅干しのワークショップを通して、こんなに楽しいつながりができるなんて!
やって良かった〜。
posted by 大路ロビー at 13:55 | 活動レポート

2017年06月20日

毎日新聞掲載!! お殿さまの梅ぼしづくり 

毎日新聞6月8日掲載の記事です!

毎日新聞0608.jpg

posted by 大路ロビー at 15:14 | 活動レポート

2017年06月19日

第1回 『お殿さまのうめぼしづくり』報告

先日、6月15日(木)『お殿さまのうめぼしづくり』を大殿地域交流センターで、開催しました。

応募は満席になり、当日は29名の方がお越しくださいました。

5D4_4739.JPG

≪歴食体験講座≫として池泉庭園の梅でうめぼしワークショップと講演会を行うこの企画。
ねらいは梅干しづくりを通して、庭園の存在とその歴史を知ってもらうことです。

おりしも今年4月6日城の日に、大内氏館跡は、続日本100名城に選ばれました。今、日本全国のお城ファンから、注目を浴びるホットスポットといえるでしょう。

まずは『お殿さまのうめぼしづくり』の企画・実行を行うNPO法人大路小路まち・ひとづくりネットワークの理事長 内山秋久からの挨拶。

5D4_4688.JPG

そしてスタッフの粉川より、一連のプログラムの紹介タイムです。
当NPO法人が、大内文化を広めるべく『歴食』関連のワークショップや催しを開催してきたか紹介〜♪

HUI.jpg

歴食と大内文化の大切さをしっかり理解した後は、梅干しづくりのスケジュールと、どんな梅を作るかの紹介です。
梅干しの監修は割烹なわたの総料理長 縄田慎一先生です。
先生から『縄田家に伝わる梅干し』のレシピの紹介をして頂きました。

5D4_4712.JPG

粉川からは江戸時代後期の『梅干漬』のレシピの紹介をしました。

014.jpg

勉強は頭だけ?
いやいや、実際に舌でも学びます。
縄田家の去年漬け込んだ梅干しを賞味しました。

005.JPG

縄田家のうめぼしは、塩分18%とけっして今流行りの減塩梅ではありません。
「これぞ梅干し!」というクラシカルで懐かしい味わいです。

006.JPG

「うちでは鱧(はも)と合わせます」という縄田先生の言葉にノックアウト。
ぜったいにこれは鱧とあう梅干しです!!!

そしてお待ちかね、
『大内氏館跡の発掘と整備』と題して多々良美春先生に講演です。
多々良先生は、千葉大学大学院自然科学研究科 学術博士(環境計画学)を修了され、現在は 多々良造園 取締役、山口県文化財保護審議会委員(名勝)などをされています。

002.JPG

秘蔵の写真をたくさん見せて頂き、とっても充実した座学でした。
そしてそのままフィールドワーク。
会場を池泉庭園に移しました。

5D4_4723.JPG

たわわに実る梅を愛でながら、多々良先生の話を伺います。
梅雨どきでしたが、雨も降らず、むしろ暑いくらいの陽気です。

5D4_4752.JPG

庭の地下部分ですが、土地の水はけがよく、当時の植栽の有機物はまったく残っていませんでした。
そのため植えられていた草木に関してはほとんど分かっていません。

復元の際は、当時の日本各地の庭の文献を集めて調査し、どんな庭木が植えられていたかを推測しながら植えられました。

多々良先生はそれに関わっておられました。
その時代の庭に関しては権威であり、復元にもっともふさわしい方だったんですね。

そんななかで、唯一文献の裏付けができる木があります。
なんと日本庭園には似つかわしくない『ソテツ』くん!!

5D4_4759.JPG

室町中期の日記「蔭凉軒日録(いんりょうけん にちろく)」に、『大内氏館にソテツがあった』との記述があり、(京都の相国寺鹿苑院内蔭凉軒主(僧侶)が記した公用日記)この記録により植樹がなされました。

5D4_4749.JPG


また、当時は彼岸がある『西』の方角や『夕日』に対しての憧憬や畏れがありました。
死後の幸せな安息を願い、夕日を愛でていたそうです。
(ちょうど池泉庭園の東の隅から池を見ると、夕日が見えるそう。ただし、真西ではなく若干ずれているらしい。
大内氏が作った山口の町も京都のように区画整備が東西南北ではなく、ちょっとずれているのだそう。)

フィールドワーク中、さまざまな質問が飛び交いました。
座学よりも質問しやすく、また実際にお庭を見ることによって、聞きたいことが湧いてくる感じでした★

その後、梅もぎ体験をして頂き、およそ2時間にわたるオリエンテーション&講演会を終えました。

5D4_4771.JPG 5D4_4764.JPG

収穫された梅は、まだ青いものも混じっていて。。。
しばらく大路ロビー内で追熟をすることとなります。

IMG_9823.JPG

次回は、梅の漬け込みのレポートをいたします。
お楽しみに!!
posted by 大路ロビー at 17:17 | 活動レポート