2017年07月03日

『お殿さまのうめぼしづくり』シソ入れ

6月28日(水)は、9時から、シソ入れ作業を行いました。

こちらの梅は6月初旬から塩に漬けていました。
いい塩梅に梅酢があがってきています。

DSCF2829.jpg

まずはシソの束からシソの葉だけをむしっていきます。
純粋に葉の部分だけ取っていきましょう。
茎が残ると舌ざわりが悪くなります。

DSC02170.jpg

本日の講師は村岡食料品店の村岡さんです。
もう何十年も梅干しを漬けてらっしゃるエキスパートです。

DSC02181.jpg

まずは、多めの塩を入れて、揉みこんでいきます。
塩の量は目分量。

DSC02185.jpg

思いっきり力を入れて揉みこむと、
黒い汁がでてきます。
これは灰汁なので、捨ててしまいましょう。

DSC02198.jpg

よく絞って、また塩を入れていきます。
参加者のみなさんも真剣に取り組んでます。

DSC02202.jpg

よく絞りましょう。

DSC02193.jpg

そしてバットに広げます。
解けきれていない塩がついていますが、大丈夫。

DSC02207.jpg

梅酢を入れたら、鮮やかな赤に発色しました。
(瓶やジップロックにあった梅酢を1つにまとめています)

DSC02209.jpg

発色させたシソは、ジップロックにいれていきます。

DSC02216.jpg

瓶の梅にも入れていきましょう。

DSC02218.jpg

シソと梅酢を戻します。
土用干しまで保存をするのですが、その間に梅に赤色が浸透していくのですね。

DSC02226.jpg

《 本日のおまけ 》

梅シロップを6月の初旬に作っていたので、
今日はワークショップに参加してくれた方に、
炭酸水で割って提供します。

DSC02228.jpg


さっぱりして甘い梅サイダーに、皆さん、喜んでおられました。
次回は、いよいよ『土用干し』。
7月29日(土)に予定していますが、

開催日から3日間は晴れていないといけないので、
開催10日前に、確定した日付をお知らせします。
posted by 大路ロビー at 13:01 | お殿さまのうめぼしづくり